RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
共働学舎の収穫祭
第4回 共働学舎とその仲間たちの収穫祭

■日時:2008年11月15(土)10:00〜18:00
          16(日)10:00〜15:30(終了後イベントあり)
■問合せ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)


恒例となりました「共働学舎の収穫祭」
今年も各地の共働学舎の生産物や工芸品、
共働学舎とつながりのある方たちからの
よりすぐった生産物が並びます。
実りの秋を感じにいらしてください!
(袋をご持参いただけると嬉しいです)

共働学舎より
ジャガイモ・カボチャ・玉ネギ・お米・パン・クッキー・チーズ・ソーセージ・ベーコン・味噌・豆・工芸品・ほかいろいろ

共働学舎のなかまたちより
りんご・わさび・ようかん・あわもり・オーガニックコーヒー・手づくりおもちゃ・そのほかいろいろ


<主催>共働学舎の収穫祭実行委員会
<共催>ぶどうの会(共働学舎父母の会)


共働学舎の収穫祭関連企画

第1部:声のワークショップ「耳を澄まし 声に聞く」
第2部報告会「共働学舎の四季」

■日時:2008年11月16日(日)17:00〜
■参加費:1,000円(ドリンク付)
■問合せ:03-3227-1405(ポレポレタイムス社)

信州、北海道、東京にそれぞれ拠点をおいて活動している"共働学舎"は、
社会で弱い立場にある人たちとともに、自労自活、自主自立を基本に、
農業と工芸を主体に生産的労働生活を送っているグループです。

共働学舎ホームページ:http://kyodogakusya.or.jp/
author:polepoleza, category:イベント情報, 11:49
-, -, pookmark
日本写真芸術専門学校公開講座 ゲスト:大西みつぐ(写真家)
日本写真芸術専門学校公開講座 プロフェッショナルに聞く"写真のはなし"

■ゲスト:大西みつぐ(写真家)
■日時:2008年11月8日 18:00open/18:30start
■参加費:500円 *高校生は無料(学生証の提示)
■予約・問い合わせ:日本写真芸術専門学校 03-3770-5586
          (聴講を希望される方は事前にご予約下さい)
author:polepoleza, category:イベント情報, 11:44
-, -, pookmark
NHKハイビジョン特集「大菩薩峠」上映会
 NHKハイビジョン特集「大菩薩峠果てなき旅の物語」上映会
■日時:2008年11月3日(月祝)
    13:00open/13:30start〜19:30(出入り自由)
■参加費:1,000円(資料代+ドリンク代として)
■申込先:03-3227-1405
     event@polepoletimes.jp(ポレポレタイムス社)


足かけ7年に及ぶ取材期間を費やして、2005年5月に放送された
全編5時間20分の、前代未聞のハイビジョン作品「大菩薩峠」。
放送終了後も話題になっている作品の上映会です。この機会にぜひ足をお運びください。

13:30〜 第1部「幕末・物語の誕生」上映
16:00〜 休憩+朝倉喬司さんミニトーク
16:25〜 第2部「修羅の旅路を行き惑ひ」上映
19:30  終了予定



・・・大菩薩峠は甲州裏街道 第一の難所也、ここに雲起こりて風雲関八州に及ばんとす・・・
(「大菩薩峠・新聞予告」大12年 都新聞より)

舞台は幕末、維新前夜、無明の剣を操る机龍之助の果てしない旅路--。
全41巻にして未完、中里介山の一大長編「大菩薩峠」の世界が
長編テレビドキュメンタリーとして甦ります。
日本文学史上に今も異端の輝きを放ち続ける「大菩薩峠」。
その融通無碍なるカルマ曼荼羅の世界をモチーフに、
差別と芸能、維新と戦争、土俗と漂泊など、
見えざる日本近代の「地下水脈」が、
映像と語りによる新たな「物語」となって浮かび上がっていきます。
混沌とした21世紀、
限りない懐かしさをたたえた「大菩薩峠」の物語世界をお楽しみ下さい。


<語り>蟹江敬三
<朗読>大竹しのぶ
<出演>宝井馬琴、中西和久、山折哲雄、佐藤忠男、松本健一、朝倉喬司ほか
<演出構成>西世賢寿
<撮影>中野英世ほか
author:polepoleza, category:イベント情報, 11:37
-, -, pookmark
口琴びよよ〜んナイトVOL.2

10月11日(土)18:30open/19:00start
宇宙人もびっくり!? 直川礼緒の『口琴びよよ〜んナイトVol.2』

チケット 3,500円(ワンドリンク付)
申込先 03-3227-1405(ポレポレタイムス社)
    event@polepoletimes.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本口琴協会代表、直川礼緒さんナビゲートの『口琴』に迫る夜第2弾 。
今回は『口琴進化論編』。特殊口琴アウラ、電気口琴などの演奏に加え、
口琴が登場する映画や音楽など、紹介します。
飛び入りゲストあり!? 乞うご期待。

んで、口琴ってなに?って方は
日本口琴協会ホームページを。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
author:polepoleza, category:イベント情報, 16:28
-, -, pookmark
岩田守雄写真展 『はたらくこと 生きること』
岩田守雄写真展 『はたらくこと 生きること』
9月 30日(火)〜10月26(日)

17

【岩田守雄プロフィール】
1949年埼玉県生まれ。高校時代より写真を始める。
以後母校の特殊クラスを皮切りに、自分も含め「障害児・者」
と呼ばれる人達をテーマに撮り続け、写真展多数。
他に福祉関係の雑誌グラビアを撮影など。横浜市在住。

※10/11、17、18、19、25日はイベントのためご覧になることができません。
 詳しくはお問い合せください。
author:polepoleza, category:イベント情報, 16:07
-, -, pookmark
三遊亭時松落語会 “時松歳時記 夏薫る”
昨年から恒例になっています
三遊亭時松さんの落語会
今回はNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」に
徒然亭小草々役で出演されていた
辻本祐樹さんとのトークショー付き
盛りだくさんバージョンです。

//////////

時松歳時記  夏薫る

6月28日(土)開場 17時30分 開演 18時
前売 2000円(会場にて販売) 当日 2000円 (前売り共にワンドリンク付き)
三遊亭時松、二席
柳家さん若「ちりとてちん」 
トークショー 三遊亭時松×徒然亭小草々(辻本祐樹)
常盤松会(世話役)03-3706-1627 
または、三遊亭時松 to.ki.ma.tsu_sanyu-tei@nifty.com
author:polepoleza, category:イベント情報, 14:52
-, -, pookmark
日本写真芸術専門学校 公開講座
日本写真芸術専門学校公開講座
『プロフェッショナルに聞く“写真のはなし”』
■第1回中野正貴(写真家)×鳥原学(写真研究者)トークショー
■日時:6月21日(土)12:30開場/13:00〜14:30
■参加費:1回につき500円 *高校生は無料(学生証の提示)
■予約・お問い合わせ:日本写真芸術専門学校 03-3770-5586まで
(聴講を希望される方は事前に電話にてご予約下さい)


【中野 正貴さんプロフィール】
1955年 8月2日福岡県生まれ。56年より東京在住。
1979年 武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科卒業。
写真家・秋元茂氏に師事。
1980年フリーランスフォトグラファ−として独立。以来、数々の雑誌表紙
撮影や広告撮影で活躍。鋭い感性と巧みな空間把握に定評がある。暖かみ
を帯びた色調は、独自の空間を表出する。変貌し続ける人口過密都市「東
京」の無人の「瞬間」を追い求め、8×10の大型カメラで10年余の歳月をか
け撮影した写真集『TOKYO NOBODY』はベストセラーとなった。
2001年 写真集『TOKYO NOBODY』により日本写真協会賞新人賞受賞。
2005年 写真集『東京窓景』により第30回木村伊兵衛写真賞を受賞。
ホームページ http://www.artunlimited.co.jp/nakano/index.html


今後の公開講座の予定
第2回: 9月13日(土)13:00〜14:30 石塚 元太良(写真家)
第3回:10月18日(土)13:00〜14:30 島本 脩二 (編集者)
第4回:11月 8日(土)18:30〜20:00 調整中
第5回:12月 6日(土)13:00〜14:30 調整中
author:polepoleza, category:イベント情報, 14:45
-, -, pookmark
チベットを知るための夏
受難と祈りー 、チベットを知るための夏 
        満月ばあさんと子供たち

前期:2008年7月22日(火)〜8月10日(日)
後期:2008年8月19日(火)〜8月24日(日)
営業時間:火曜〜土曜11:30〜23:00/日曜11:30〜18:00/月曜定休

☆チベットの文化、歴史、宗教の資料展示
☆亡命政権の子どもたちの描いた絵画展
☆チベットを撮った写真展
☆ドキュメンタリー映画上映会
☆チベット音楽演奏会
☆「亡命者の証言集」刊行
☆関連書物、グッズの販売

くわしくは公式ホームページを
http://tibet-free-tibet.com/
author:polepoleza, category:イベント情報, 15:41
-, -, pookmark
中野真典展 いま 私は廊下へ出ようと思います
14

2008年7月1日(火)〜20(日)
営業時間:火曜〜土曜11:30〜23:00/日曜11:30〜18:00/月曜定休

13

中野真典の作品には描くということの本来的な形がある。
当たり前に描く。
綺麗だと思ったもの、感激したことや
その他様々な理由で印象に残って描きとめたかったもの、
そして夢に見たもの。
それらをその都度ただ描くこと。
そこには、つまらないコンセプトが入り込む余地はない。

近作では子供がしばしば主要なモチーフとして登場し、
一見するとノスタルジックな表現は
現代の素朴派と評されるかもしれない。
ところが、そう簡単には言い尽くせない破格なもの、
修練された技法スタイルやテーマの統一性を求める人たちにとっては
破綻と言われかねない要素が彼の作品群には分け入ってくる。
これこそが彼の作品であり深さなのだ。

「作品は個性で描くのではないのですよね」
と彼は言う。
同世代の作家たちとはまるで対極にあるこの制作姿勢に接するにつけ、
やはり、その筆には芸術を司る女神が宿り、
彼に絵を描かせているに違いないと思えてくるのだ。
(SELF-SOアートギャラリー/村上稔)
author:polepoleza, category:イベント情報, 15:26
-, -, pookmark
直川礼緒の口琴(こうきん)びよよ〜んナイト
宇宙人もびっくり!?
【直川礼緒の口琴(こうきん)びよよ〜んナイト】
Vol.1…おもしろ楽器遍歴 語り鳴らし 半生を楽器で語る!

日本口琴協会代表、直川礼緒がお送りする
めくるめく口琴ワールド!
その第一回は、口琴との出会い編。

2007年6月7日(土) 18:30open/19:00start
2500円(ワンドリンク付)
口琴形の切り紙おみやげ付き!制作:下中菜穂+もんきりシスターズ
場所:東中野駅前 Space&cafeポレポレ坐
申込:ポレポレタイムス社 Tel.03-3227-1405
Email polepole_event@yahoo.co.jp

12

【口琴とは…】
ユーラシアを中心に伝統楽器として世界中に広く分布している小さな楽器。
その歴史は古く、モンゴルでは紀元前3〜1世紀のものが、日本では平安時代の鉄製のものが出土している。
口にあてて弁をはじくと「びよ〜〜〜ん」というなんともクセになる音。
竹、木、椰子、骨、鉄などでできているものがある。
知られているところでは「ど根性ガエル」で鳴っている、なさけないあの音。

【演奏する楽器】
● 口琴各種(サハのホムス、キルギスのテミル コムズ、
 中国雲南省のホホ、ほか)
● タンザニアの親指ピアノ イリンバ、チリンバ
● 創作親指ピアノ ナベリンバ 
●フィリピン カリンガ族の鼻笛、ハワイの鼻笛、ブラジルの鼻笛
● スロバキアの大型笛フヤラ
●イギリスのラチェット
●ノルウェーの指孔のない笛セリエフリョイテ
● カザフの弦楽器ドンブラ
● フィリピンの打楽器トガトン
● 喉歌(ホーミーなど)

【直川礼緒プロフィール】
音楽家、日本口琴協会代表。各国の口琴フェスティバル、
民族音楽シンポジウム等に参加。演奏活動の他、
口琴奏者の招聘公演の企画・制作を手がける。
都民カレッジ、朝日カルチャーセンター、和光大学オープンカレッジなどで、
口琴、倍音音楽講座を担当。
author:polepoleza, category:イベント情報, 18:02
-, -, pookmark